手作り材料の画用紙は種類も増えて扱いやすくなっている

色合わせは手作りうちわの作り方では重要です。

カラーの画用紙や蛍光紙、金や銀の縁飾りは、両面テープをのりの代わりに使ったり、スプレーのりで貼りつけたりします。

文字をパソコンなどから取り込み、縁取りの分を考えて、立体的になるように重ねます。

下地を蛍光色にしたり、黒画用紙を用いてみたり、文字だけでなく写真を使うのも人気です。

画像なども加工して使います。

写真と変わらないような端正なイラストを描く人もいます。

人によってオリジナル感が盛り上がるのも、手作りならではです。

カッティングシートは裏側にのりがついた紙ですから、切り抜けばすぐにつかる便利さがあります。

ピンクなどのパステル系のカラーボードはコンサートの時にも目立ちます。

カッターを使ってモチーフや文字を切りぬきます。

インターネットを検索すると、たくさんの手作りうちわの作り方が見つかります。

写真や動画を用いてわかりやすい説明になっているものも少なくありません。

文字やモチーフの切り抜き用の型もさまざま見つかります。

自分のうちわのサイズを確認して、拡大、縮小したりと、アレジンジが楽しめるのも特徴です。

うちわを作る時はテンプレートを探すと、うちわの型紙が見つかります。

このうちわの型紙はアイドルコンサート、スポーツの応援、お祭り対応、文字や顔写真入りなどのオリジナルうちわを作ろうと考えている人は便利なものです。

パソコン上である程度、どの位置にどのようにデザインを入れていくかを調節ができるので、レイアウトを決める時に便利です。

ほとんどの作業をパソコンで行うことができるので、仕上がりもキレイです。

パソコンで印刷したものを骨に張ることもできます。

できあがったものを草稿として、文字などを重ね張りして立体感を出すこともできます。

手作りうちわといっても作り方はいろいろです。

最終的にどのような仕上がりを望むかで、材料や作り方のアプローチも変わってきます。

まずは基本的なデザインを決めていきましょう。

テンプレートでは、さまざまなフォントの使用ができます。

文字位置、フォントの選び方、画像の大きさの変更など、パソコン上で作業をした方がずっと楽で、きれいにできるので、うちわの限られた面積にバランスよくキレイに文字列を入れたい時、画像を配置したい時にも便利です。

完全手作り派の人は、テンプレートも自分でうちわと同サイズの用紙を作り、そこに切り抜いた文字を配列しながらレイアウトを決めるという人もいます。

どちらでも、作業がしやすい方法で進行していきます。

Comments are closed.