手作りうちわにチャレンジ

アイドル応援うちわなどを手作りする人にとって気になるのは、その作り方でしょう。

自分ならではの手作りうちわを作り慣れている人は、手作りそのものを楽しむことができますが、初めてうちわを手作りするとなると、まずはシンプルな作り方を知りたいと思いますよね。

コンサートうちわはイベント当日までに仕上げておかないといけません。

シンプルなメッセージうちわの場合、まずは文字を考えます。

手作りうちわのキットには、うちわ骨や型紙、うちわシールがセットされています。

値段もカラーもいろいろあって、初めての手作りうちわには最適です。

徳用うちわセットなどのお得なタイプもおすすめです。

購入金額を抑えられます。

作り方もちゃんと書いてあります。

オリジナルうちわを作ろうと考えている人は、メッセージうちわにして、推しメンに思いが届くよう、文字列やプリントを考えます。

カラフルなカッティングシートなどの用紙、写真画像を黒のうちわに両面テープで貼っていくと、黒にカラーが映えてステージ上からも見やすいのでおすすめです。

アイドルの応援うちわで、手作りうちわを作る時に注意したいところはうちわのサイズです。

特にジャンボうちわを考えている人は注意が必要です。

アイドルのイベントでは、公式の物販が出ています。

そこでは公式のうちわが販売されていますが、そのうちわのサイズは公式サイズと言われ、そのサイズを基準にしてそれよりも大きいサイズのものは会場への持ち込みが制限されることがあります。

他のお客さんの迷惑にならないようにという配慮からです。

同様に、うちわは公式サイズで作っても、うちわの周りに羽飾りなどを大量につけて、完成うちわが一回りも二回りも大きくなってしまうと、これもサイズ的にはNGになってしまいます。

Comments are closed.