不動産査定の結果で住宅ローンの残債が返済できないときは

Posted on

住戸の買い換えでは、住宅ローンの残債と新たな融資の問題はよくある話です。

不動産査定を含め、どのように決着できるのかお話ししておきましょう。

●不足しているお金を融資してくれるプラン。

「宮城県にある住戸を売却して新たに住宅を購入したい場合」、その物件に住宅ローンの残債がある場合は、「つなぎ融資」や「買い換えローン」、「追加融資」の手続きをとって、買い替えを行ないます。

宮城県にあるその物件には、住宅ローンを組んだ際の抵当権が設定されているはずですから、まずはローンの残債をゼロ(完済)にして、抵当権の抹消と新たな抵当権設定を行なう必要があります。

●残債分のお金+新たな住宅ローン組み替え。

宮城県にある当該物件の住宅ローンを完済するために不足となっているお金、新たな住宅を購入するために不足しているお金、この2つの合計金額を、融資する銀行が貸し出してくれます。

それがつなぎ融資や買い換えローンです。

売却する物件を不動産査定するのも融資を行なう銀行です。

●査定員は国家資格をもつ不動産鑑定士なので査定に余談はありませんが、このときの査定額が融資額の大小を決定づけます。

わかりやすく言えば、売却する宮城県の不動産査定額が高ければ、それだけ銀行からの借入れが少なくて済むということです。

住宅ローンの残債問題はクリアできますが、査定額が融資額に影響することも念頭においておきましょう。

宮城県当該地の地価や不動産価格をネット検索しておくと参考になります。