不動産査定は、どのようにすれば依頼できる?

Posted on

買い替え目的で宮城県にある物件の不動産査定を考えているなら、金融機関や不動産流通会社に相談を持ちかけましょう。

プロセスをお話ししておきます。

●売買を前提に相談を持ち込んだ先が手配。

基本的に不動産査定というのは不動産の売買が前提になります。

そのため、宮城県にある当該の実家を売却してマンションを購入する場合でも、不動産流通会社か不動産斡旋所(不動産屋)を通すのが通例になります。

不動産査定だけを単独で依頼するケースはまずありません。

不動産流通会社、不動産屋、または融資に絡む銀行や金融機関の手配になります。

宮城県の当該物件の売買スケジュールが大まかに決まったら、連絡を入れて相談に乗ってもらいましょう。

●融資が必要なら金融機関が不動産査定を。

不動産査定は公示価格、路線価、実勢価格の過去の宮城県データをベースに、現地(当該物件)をチェックし価格を決めるものです。

不動産査定した宮城県の物件価格が購入希望のマンションより高ければ資金的には問題ありませんが、マンションの価格を下回っていれば銀行からの借入れ(融資)が必要になります。

そのように推測できる場合、不動産査定は融資を担当する銀行が請け負うことになります。

●不動産査定は、宮城県の当該物件の買い替えのプロセスの中で、融資を担当する銀行が手配してくれます。

不動産査定を希望者が単独で依頼することはありません。

銀行・金融機関か、不動産屋、不動産流通会社が手配してくれます。

買い換えはタイミングが大事なので、おおまかな見通しがついたら、できるだけ早く話をもっていきましょう。

銀行なら融資のお願い、不動産流通会社なら売買の相談といった具合です。